DWHC2022.jpg(48778 byte)

bar_temp.png(11269 byte)

このコンサートは、福岡県の「介護の日」のイベントの一つとして10年以上にわたって開催しています。私たちの主テーマは「認知症」です。中でも、認知症を抱え生きる当事者の思いや希望に寄り添い、当事者と共に生きる介護家族の願いや地域の姿を着眼しながら、人を大切にするという介護の持つ豊かさについて伝えてきました。 その豊かさを教えてくださったのが、日本を代表する認知症専門医の故長谷川和夫先生です。先生は、認知症ケアの心、それは「あたたかい温もりのある絆」であるとおっしゃいました。晩年、認知症と診断された後からも、自らの姿を通して認知症の人との向き合い方、どんなケアや支援が求められているのか教えてくださいました。 今年は、長谷川先生を家族の立場で最も近くでみつめ、支えてこられた南高まりさんと、認知症ケアの普及に長年尽力されている永田久美子さんをゲストに迎え、長谷川和夫先生が教えてくださった「ケアの心」について、皆さまと共に学び、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。 昨年同様、オンラインによる開催ですが、その名の通り、くつろいぎながらリラックスして参加していただける、心温まるコンサートにしていきたいと思います。皆さまのご参加をお待ちしています。
認知症あったかホームコンサート2022実行委員会
実行委員長 大谷るみ子 副実行委員長 党 一浩、大野哲也

主催

福岡県・認知症あったかホームコンサート2022実行委員会

・実行委員会構成団体
公益社団法人 認知症の人と家族の会福岡県支部
特定非営利活動法人 福岡県高齢者グループホーム協議会
福岡県内 小規模多機能連絡会
 

日時・開催方法

2022115曜日
・開演13:00
▼オンライン(Zoom)にて開催
申し込みが必要です。
オンライン環境がない方々は、視聴会場で参加が可能です。必ず事前予約をお願い致します。
参加費無料

▼チラシ・申込書のダウンロードはこちら
チラシ表チラシ裏参加申込書


ホームページの掲載内容は、2022年8月13日現在のものです。
未定の部分や内容は、随時追加や修正をすることがあります。予めご理解くださ い。

プログラム

(プログラムは変更になる場合があります)

13:00 開会あいさつ

福岡県保健医療介護部より

オリエンテーション
<ZOOM参加者の皆さまへ>
1.12:30より入室可能です。
     入室の際は、申込み時のお名前を表示してください。
2.主催者より、参加者全員「ミュート」にさせて頂きます。
3.視聴は「スピーカービュー」に設定してご参加ください。
4.チャット機能はご使用になれません。
5.主催者により、記録のための録画を致します。個人情報の保護につき ましては十分留意して行います。 6.ビデオカメラやスマホなどによる録画はされませんようにお願い致 します。


13:10 オープニング演奏 

♪ ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章

13:15  第1部:トークセッション

テーマ「認知症専門医の父、長谷川和夫が教えてくれたこと」
ゲスト ※プロフィールは別項参照
南高 まりさん
永田久美子さん

 昨年中央法規から出版された「父と娘の認知症日記〜認知症専門医の父長谷川和 夫が教えてくれたこと」の中に収められたエピソードの数々、それを読むと長谷川 和夫先生がいかに愛情豊かで人情味にあふれ、自然体であり、ポジティブでユーモ アとチャレンジ精神にあふれた方だったかが伝わってきます。そしてそれは晩年、 認知症と診断された後もまったく変わらず、常に当事者の気持ちを大事にしながら 、家族への深い愛、介護する人への思いやり、周囲のすべての人への尊敬の気持ち に満ちています。長年にわたって日本の認知症医療とケアを導いてこられた先生の 教えの一つ一つが、日常の家族との会話とともに日記の中によみがえってくるかの ようです。このトークライブでは、永田久美子さんを聞き手に、南まりさんとエ ピソードを紐解きながら、長谷川先生のケアの心に触れ、これからの介護ばかりで なく、地域社会全体に求められる豊かさについて学びたいと思います。

14:15 第2部:音楽と交流

◆テーマ「温もりのある絆をつくろう〜一緒に歩み、喜び、学ぶ〜」
演奏者   ザ・ヒーリング2022  ※プロフィールは別項参照
ヴァイオリン  松田 淳一 、 柳浦 香澄
ピアノ     松田 淳子
パーカッション 光本 諭史

   演奏曲  現在選曲中(曲名が一部変わることがあります)
♪ 新時代 ADO
♪ ノクターン  ショパン
♪ ラ.クンパルシータ G.ロドリゲス
♪ 2つのギター ロシア民謡
♪ オペラ座の怪人 A.ロイド
♪ 宝島 和泉宏隆
♪スーパーマリオブラザーズ 近藤浩治
♪Plink, Plank, Plunk!  ルロイ・アンダーソン
♪情熱大陸(リズム遊びバージョン) 葉加瀬太郎 ♪追加 交響曲第40番第一楽章    モーツァルト  ♪ 手話と歌
花は咲く  作詞 岩井俊二  作曲 菅野よう子
 ♪ エンドロール
タイム トゥ セイ グッバイ サルトーリ

ビデオ紹介と交流トーク   ※内容が変更になることがあります。
1 地域密着サービス事業所のお年寄りと職員の絆 介護する人、される人の関係ではなく、1人1人の暮らしに寄り添い、互いに大切な存在だと感じられる、 そんな暮らしとケアの現場から、介護の豊かさを学びます。
  → 福岡市の地域密着型特別養護老人ホーム「よりあいの森」より中継
2 グループホームの入居者と小学生の絆
昨年、「いつだって心は生きている〜大切なものを見つけよう」という絵本を通して、認知症の理解を深め、 グループホームのお年寄りと交流を続けている小学校の取り組みを紹介しましたが、今年はグループホームから中継し、小学生との交流を紹介します。
    → 大牟田市のグループホームふぁみりえと駛馬小学校5年生の交流
3 認知症当事者とパートナーとの絆
認知症当事者同士が気軽に出会い、つながり、社会参加ができること、そして身近なまちでパートナーをみつけ、共に歩むことができる、そんな「集い」を紹介します
。   → 福岡市役所で始まったパートナーズカフェから中継

15:30 エンディング

「参加者全員で、手話と歌にチャレンジ! ♪ 花は咲く 」
このエンディングは、コンサート恒例のコーナーです。昨年はオンラインで 初チャレンジでしたものの「音声が聞こえなかった」「自分たちの姿が映ら なくて残念だった」との声。今年は、一体感をいかにつくれるか、技術班 に頑張ってもらいます。

15:40 閉会あいさつ

認知症の人と家族の会福岡県支部 代表 蛛@竜一

15:45エンドロール  ♪タイム トゥ セイ グッバイ サルトーリ 

この曲に秘められた意味に加え、私たちの心からの願いと未来への期待を込 めて、長年コンサートの最後にお送りしています。

<アンケートのお願い>
 皆様の声をアンケートで教えてください。終了直後にzoom機能を使って、 アンケートにお答えいただくことも可能です。

出演者プロフィール


南まりさん

1.jpg(40076 byte) 国立音楽大学卒 社会事業大学で学び  精神科クリニックを経て精神障がい者デイサービス勤務(立川市役所)  日本ユマニチュード学会 認証審査会審査委員 精神保健福祉士  ※父親である長谷川和夫さんが85歳を過ぎられた頃から、主な活動をサポートされた

永田久美子さん

2.jpg(32522 byte)  認知症介護研究・研修東京センター 副センター長(兼)研究部長  新潟県三条市出身 千葉大学大学院看護学研究科修了。東京都老人総合研究所  を経て2000年から現職場。学生時代から現在まで、認知症になってからも自分  らしく暮らし続けていくための当事者活動の支援、本人の声と力を大切にした  チームづくり、ともに生きるまちづくりをテーマに活動と研究を続けている。  現在の主な社会活動 ・厚労省、経産省、国交省等の研究事業委員           ・NHK「認知症とともに生きるまち大賞」選考委員長 など

松田淳一(ヴァイオリン)

3.jpg(32992 byte) 大阪音楽大学大学院修了後、ブリュッセル、マヨルカ、ウィーンなどに居を構え活動する。その間ルクセンブルク交響楽団・マンハイム交響楽団・スペイン交響楽団の連合オーケストラ、スペインポレンサ国際交響楽団コンサートマスターに就任する。フィリピン・シリマン大学、大阪音楽大学、小林聖心女学院、帝塚山女学院等で後進の指導にあたる。浜松市楽器博物館所蔵11弦楽器によるCD「美しきヴァイオリンの世界」をコジマ録音よりリリース。論文“The True Role of the Fingerboard and Misunderstandings”がアメリカの専門雑誌に掲載される。 NPO法人アジア音楽教育者育成プロジェクト理事長。

松田淳子(ピアノ)

4.jpg(32567 byte) ピアノを佐藤价子、梅本俊和、松浦豊明に師事する。大阪音楽大学を卒業後、教育助手として同校に勤務しながら演奏活動を始め、1985年に渡欧。ベルギー、オーストリアでV.マルグリス、P.ダンに師事。ソロリサイタルや様々なコンサートに出演した後、1987年に帰国。現在は主に室内楽、伴奏ピアニストとして活動し、フィリピン・シリマン大学などで後進の指導も行っている。KTVピアノコンクール優勝。NPO法人アジア音楽教育者育成プロジェクト監事。

柳浦香澄 (ヴァイオリン)

7.jpg(25996 byte) 大阪音楽大学卒業。2012年よりソロリサイタル開催。2014年 渡伊、フィエゾーレ音楽学校にてヴァイオリンとヴィオラ、ルイージ・ケルビーニ音楽学校で室内楽を学ぶ。国内外で演奏活動する傍ら、フィリピン・シリマン大学等で後進の指導にもあたっている。現在、貝塚クラシック協会会員、大阪チェンバーオーケストラ、LuftMusicaに所属。NPO法人アジア音楽教育者育成プロジェクト理事。

光本諭史 (パーカッション)

2.jpg(37861 byte) 大阪音楽大学音楽学部器楽学科打楽器専攻卒業。同大学卒業演奏会に出演。卒業後、オーケストラや吹奏楽でのエキストラを始め、多数の学校での打楽器指導及びバンドトレーナーとして後進の指導を行っている。現在、打楽器パフォーマンス「レバレッジ」メンバー、京都外国語大学吹奏楽部バンドトレーナー、大阪国際大学短期大学部助教。

後援団体

福岡県市長会 福岡県町村会 社会福祉法人福岡県社会福祉協議会
社会福祉法人福岡市社会福祉協議会 福岡県民生委員児童委員協議会
福岡市民生委員児童委員協議会 公益社団法人福岡県医師会 一般社団法人福岡県歯科医師会
公益社団法人福岡県薬剤師会 公益社団法人福岡県看護協会  公益社団法人福岡県社会福祉士会
公益社団法人福岡県介護支援専門員協会 公益社団法人福岡県介護福祉士会
公益財団法人さわやか福祉財団 認知症・草の根ネットワーク
一般社団法人社労士成年後見センター福岡 全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会 全国グループホーム団体連合会 公益社団法人日本認知症グループホーム協会福岡県支部
朝日新聞社 西日本新聞社 毎日新聞社 読売新聞西部本社 RKB毎日放送 NHK福岡放送局
FBS福岡放送  九州朝日放送 TNCテレビ西日本 テレQ  福岡県教育委員会(順不同)